スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾瀬紀行 vol.5 ~山と温泉と

さて。翌2日目。
昼すぎに駐車場に戻る予定で、山小屋を出発します。


100606_29
つくしが今頃!

うちの辺りだと、確か入学式前後だったから、
約2ヶ月遅れ。

なるほど、霜も降りる寒さです。



ところで、尾瀬といえば水芭蕉

今回 母に
「ちっちゃい水芭蕉が見せたくて」
と言われていたのですが、
確かに、同じ花なの?!と思う程、大きさが違う。


100606_30
こちら、ちいちゃい方。

5cmくらい?ひっそり、って感じで咲いてます。

カワイイ。



100606_31
かたや、でっかい方

・・・う~ん
ここまで大きいと、ちょっと。。。。
南の島の食虫植物っぽいグロテスクさを感じてしまう。
温室で咲いてそう(苦笑)



遠くに眺める分には、大きさ分かんないから、
多少大きい方が目立っていいかもしれないけど、ね。

100606_32
小川に沿って咲く水芭蕉

♪遥かな尾瀬~ って歌いたくなる景色。

居心地の良い水辺を求めて、寄り添って咲いてる感じが素敵です。



100606_33
至仏山と小川と木道と。尾瀬オールキャスト。

こちら、東電小屋からの眺め。
左手前、桜も咲いてました!


そういえば、至仏山(しぶつさん) 仏に至る山ってなかなか凄みのある名前。
山岳信仰か何かあるのかしら?

…と思って調べたら、その昔、
「渋沢(しぶっつぁ)」と教えられたのを聞き違えた役人さんが
「至仏山」と記してしまったという説が有力らしい。

ちょっと残念な感じもするけど、こういうオチも嫌いじゃない(´ー`;)



100606_34
ポッカさん

すごい量の荷物を背負って運んでます。
写真クリックして、拡大してもらうとちょっと分かりやすいかも。

尾瀬で荷物を運んでくれる人工さんを、ポッカさんと呼びます。
山小屋の物資等、山の鼻まではヘリで輸送するらしいんだけど、
その先は、足 のみ。
こういう方たちのお陰で、快適に過ごせるんですね。。
心でお礼をいいながら、後ろ姿を一枚撮らせていただきました。



その後、山の鼻でちょっと早めのお昼ゴハン。
またもコッヘル登場!
山で食べるカップラーメンは、今日も美味だった。

それから、母オススメの名物花豆のアイスも食べる・・・つもりだったのに、
何でも、不作で今年は販売中止らしい。
でも、代わりの紫にんじんのアイスも美味しかったのでマル。
紫にんじん、ちょっと黒糖っぽいコクがあって、クセになる~~



帰り、足を少し痛めたので、ゆっくり歩いて無事鳩待峠着。
最後の階段、足を上げるのがキツかった~~

疲れをとるため、温泉へGO!

花咲の湯 =>HP

ここ、2度目なんですが、
施設がキレイで、接客も気持ち良くって。おススメです!

母は農産直売のブースで、お目当ての山菜を見つけてホクホク。
残り2パックをギリギリでゲット!


100606_35
岩魚のお刺身。花盛り!

お刺身でいただくのは初めて!
プリプリしてて、とっても美味しかったです。


 * * * * *

尾瀬レポ、楽しんでいただけたでしょうか。
長くなってしまったのは、
2日間で266枚も撮影 という暴挙をしでかしたため、です。
まだまだ良い写真(自称)がいっぱいで、
紹介したいので、photoページ作っちゃいました。

link => photo HP

ちらっと見ていただけると嬉しいです。
(右のリンク欄にもリンク貼ってあります)



毎日更新、やればできるものだ、と自分に感心。。。な私への応援ポチお願いします^-^

にほんブログ村 雑貨ブログへ
スポンサーサイト

Comment

No title

素敵な写真見ることが出来て嬉しいです。
尾瀬、子供の頃家族で行った記憶が蘇りました。
大人になった今行って見たいなという気持ちでいっぱいになりました^^

>ayumiさん

私は初めてだったんですが、予想以上に楽しかったです^ ^
カメラの充電が1日で危うくなるほど写真撮りまくってきました!
ハイキングに来てた子供たちにも会いましたが、
尾瀬はオトナのたしなみですよ、きっと!!

水芭蕉は6月中までだけれど、
これから夏にかけてが、湿原の花は本番らしいので、
お時間あれば、是非!!

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。