スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾瀬紀行 vol.3 ~滝がスキ。

尾瀬レポ第3弾 テーマは、


私、滝が大好きなんです。

今回、一泊コースになったのも、私が滝を見たがったから。
大きな滝から ちっちゃい滝 小川や沢も含めて
水場が好きなのかもしれません。

「この時期、雪融け水が集まってくるから 水量多いよー」
なんて聞いた日には、いてもたってもいられません!

 ・ ・ ・ ・ ・

夕方、日が落ちる前に戻って来なければなりません。
11時半に休憩した山小屋を出発!
往復5時間の行程です。


100606_15
木道も少し荒々しく。

見晴と東電小屋の分岐より先は、ぐんと行く人も減り、
木道もあちこち朽ちていました。
でも、その古くなった感じが、なんとも良い味わいで
ステキに見えました。


・・・なんていうのもつかの間、
どんどん山道になっていって、本格登山の様相。
しっかり装備で正解!


100606_16
道なき道 その1

1つめの滝が近づいてきて、
ざわざわという水音を聞きながら
急な岩の斜面をつたい降りて行くと・・・



100606_17

100606_18
平滑(ひらなめ)の滝到着!

その名の通り、
なだらかな岩の上を
水がさざ波立って滑っていくような滝。

張り出した岩場から、滑落防止の鎖をにぎって
木の向こうのなだらかな滝を覗き込むようにして見てます。

ちょっとつま先がムズムズ。



100606_19
さらにムズムズ(°□°)

手すりも何もない、幅50cm弱の 一本橋。

普通に歩けば何でもないのに
ちょっと高さがあって、下を水が流れてて
やっぱり、ドキドキします。。。



100606_21_2
道なき道 その2

すごい量の根っこ!

こんな木だらけの道、石だらけの道を
上がったり下がったりしながら
やっと着いた滝。


どう、どう、どどう。
100606_22
三条の滝

聞いていた通りの水量!
思っていた以上の迫力!!

来て良かったーー!!



100606_23
あっという間に空がまっくろに。

・・・ひとしきり 滝を楽しんだ後、同じ道を引き返し。
戻る道を歩いていたら、遠くの空から 雷の音が!
急ぎ足で山小屋へ戻ります。


雨が降り出す前に戻れるか?!
まだまだ続きます(o^_^o)





ランキング参加しました。1日1クリック応援していただけたら嬉しいデス。

にほんブログ村 雑貨ブログへ

スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。