スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エッフェル塔のチャーム

090529


先日買ったエッフェル塔のチャーム。


こういう細かいモノは、飾るときにエリアを区切ってあげると、
素敵に見えるのが定石ですが、
これから暑いシーズンになるので、
こんな感じにガラスに入れて飾るのもオススメです。

ちょっと涼しげにみえるでしょ?


私は元々ガラスの瓶やら容器やら大好きなので、色々持ってるので、
一緒に飾れるのも一石二鳥デス。


スポンサーサイト

ブクログ ~マイ本棚がネット上に!

ブクログ -ウェブ本棚サービス-
http://booklog.jp/

このブログのリンク欄にも入れているんですが
最近の私のお気に入り。
ネット上に本棚を作れる便利なページ。


読書大好きなんですが、
図書館で借りたりしてると、
どれ読んだか忘れちゃったりするのです。


で、これを備忘録として使い始めました。


本や作家さんの名前から本を検索して登録すれば、
表紙画像や出版社もリストにできちゃう。
感想書いたり、オススメの★ランクつけたり。
ジャンルごとに分類して整理したり。


他の人の本棚をちょっとのぞかせてもらって、
自分と趣味が似ていそうな人が読んでいる、
いままで読んだことのない作家さんの作品に
手を伸ばしたりできるところも 魅力。


ブクログprev
 ↑こんな感じにリンクに貼れます。
  これは私の本棚

さらにコミックや音楽、DVDとかゲームなんかも
登録できるみたいです。


興味ある人はアクセスしてみては。おススメです。


吹奏楽定演に。

私が数年前まで所属していた市民吹奏楽団の定期演奏会がありました。

学校終ってから、急いで向かっても1時間かかっちゃうから
開演時間にはちょっと間に合わなかったけれど。


団員当時はポスターとパンフレット制作に関わっていたんですが、
今回ポスター作製の依頼が来て、二つ返事でOK。

あれですな。
辞めてからもお手伝いすることができるっていうのは
シアワセです。


しかも、今回お金に余裕ができたらしく、
かなり立派にできあがってる!!

お金なくて、
自分たちで小さい印刷機まわしてたもんなぁ。
よかったなぁ。


お礼と言って、
ズーミングッズ、山ほどいただいた。

あ、何故ズーミングッズかというと、

今回ズームイン朝のテーマ曲演奏してたから。

私がズーミン大好きだから。


しかし、あいかーらずマニアックな選曲で。
私にはストライクだけど。

ああいう曲も、楽譜手に入るんだね。。。


懐かしい顔ぶれに久しぶりに会えて
(…久しぶりすぎて、何だかちょっと恥ずかしかったけど。)
いい演奏会でした。

みんなおつかれさま! アリガトウ。楽しかったです!!




【knit】編みリング

電車の中で編みました。

友人の家に行く道程、ボックス席2時間に
これ幸いとあみあみ。3個完成!

綿の糸で編んだリングです。

090518

夏でも涼しげなので、これからの時期にも良いかも。
洗えるしね



しても、ボックス席っていいよねぇ。
ただ遊びに行っただけだったのに、旅気分満喫。


3回目かよっ!

…さまぁ~ず風にタイトルしてみた。

いや別に大した意味もなく。
早いなぁ、と思ったので、つい。 さまぁ~ずが好きだから。


ショップシミュレーションまで3/9(サンブンノキュウ)

まだ何も進んでない気がしてちょっとテンパってみた結果、さまぁ~ず。


というわけで。

今日の授業はショップ準備と、スタイル「モダン」について。

モダンスタイルについて、
・時代背景とその流れについて
・主なスタイルとその主要デザイン、押さえておきたいポイント


話はデザインとお国柄から、戦争にまで及んだりして。
こういうお勉強って、ほんと楽しいなぁ。
時代の流れから追って行くと、なるほど同じモダンでも
何を求めているか、何故その形になったのかがすごくよく分かる。

さらに、ニーズと合致したものがロングセラーとして生き残る
⇒マーケティングにもつながる、と。 ふむう。つながった。


日本史は好きだしある程度分かってるから、
世界史、もうちょっと復習しておきたい。と、また寄り道の方に興味津々。

来週はカントリーテイストについて。
(といっても、これもいわゆる「カントリー」だけじゃない、
 奥深~いものだそう。ワクワクするのう。)


そしていつもの如く、イメージボードの制作。

今回はA3サイズで良いし、テイスト関連は一番楽しいトコロだから、
ショップ準備の合間に息抜きがてら楽しくできそう。
また本屋めぐりしよう。

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。